沖縄のおすすめドライブコース!車で行ける離島「浜比嘉島」「宮城島」で絶景&パワースポット巡り

      2017/06/21

949b2df3942e8b951a7ada43a46f939a_s


こんにちは、マギーです!

沖縄は梅雨真っ只中で毎日大雨が続いています。梅雨明けはまだかな。。。

梅雨の晴れ間だったのか、先週末は真夏のように太陽が照りつけ、青空が広がるいい天気でした。

お天気の日には海岸沿いをドライブするに限ります!
ということで、うるま市にある離島巡りをしてきました。

 

海中道路を通って・・・

離島と言っても、車で行ける島々です。
海中道路」と言って、海の上に道路があるのです。
沖縄本島中部のうるま市にある海中道路は、全長約5kmで通行無料の道路。本島から平安座島、宮城島、伊計島へアクセスする重要な道路です。

d67e9c55fb8c30a22381e3e9491f378f_s

88793278f848b78600640718d9e514e8_s
↑空から見るとこういう感じ。

晴れの日には両サイドに青い海が広がり、最高なドライブが楽しめますよ!

 

平安座島の手前に、道の駅「あやはし」があります。

kaityuudouro002

レストラン、お土産品店などなど、きれいな海を見ながら楽しく過ごせる場所です。運転に疲れたらちょっと寄ってみましょう。

<海の駅あやはし館>
住所=うるま市与那城屋平4 地図
電話=098-978-8830
営業=10時~19時(レストラン11時~)/年中無休

 

浜比嘉島のパワースポットへ

さて、海中道路を進んでいくと初めに通る島は「平安座島(へんざじま)」です。

その平安座島から右側に長いはしが架かっていますが、それが「浜比嘉大橋(はまひがおおはし)」。この橋を渡って神々が住むと言われる神聖な島、「浜比嘉島」へ向かいます。

 

橋を渡って島に入ったところに、展望台のある広場があります。トイレもありますよ!
ドライブに飽きた甥っ子は、車から降りて海に向かって一目散に走って行きました。
IMG_1567

ここでちょっと休憩をとるのもいいですね。
車から降りるときれいな海と大橋がいい感じで眺められるので、シャッターチャンスですよ!

IMG_1569

↑今、渡ってきた浜比嘉大橋。全長1.43kmです。

 

海水の透明度がすごくて、展望台の上からでも、泳いでいる魚や海底のサンゴが見えました。

 

シロミチュー霊場

さて、いよいよパワースポットへ向けて出発です。

この浜比嘉島には、琉球を作ったと言われる男の神様「シロミチュー」とその奥さんとなった女の神様「アマミチュー」がいて、その2人が子供たちをもうけ、そこから沖縄の歴史が始まったという伝説が残っています。

2人の神様が一緒に暮らし、子供を設けた場所が「シロミチューの霊場」として、今でも島の人に大切に祀られている場所。

パワースポットとして、多くの参拝者が訪れています。

2人が5人の子供をもうけた場所ということから、ここは子宝を授かる場所としても有名で、子宝祈願に訪れる人も多いんですよ!

 

ナビを頼りに、島の細い道をくねくねと走っていくと途中から車が入れないところに着きました。

IMG_1574

そこからは徒歩でいくのですが、そんなに距離はありません。

木々の中を歩いていきます。
IMG_1506

 

途中にある看板を見ながら進んでいきます。
IMG_1577

IMG_1578

 

1〜2分歩くと、鳥居が見えてきました。

IMG_1576

↑この階段の上が、パワーみなぎるスポットのようです。

頑張って上がります。階段は108段でした。

息を切らしながら登り切ると、そこには、入り口が柵で封鎖されている洞窟がありました。

(なんとなく写真を撮るのが申し訳ないような気がして、撮りませんでした。すみません!!)

ここは、鈍感な人でもパワーをビンビンに感じる場所だと聞いていたのですが、残念ながら、超がつく鈍感な私には、それを経験することはありませんでした。

(パワーを感じるって、どんな感覚なのでしょうか。一度でいいから感じてみたい。。。)

パワーは感じなくても、聖なる場所であることには変わりありません。丁寧にお参りをして、感謝してこの場を後にしました。

シルミチュー霊場
沖縄県うるま市勝連比嘉1606-9 地図

 

アマミチューのお墓

次に向かったのは、シルミチューの奥様となった女の神様「アマミチュー」のお墓です。

シルミチュー霊場に比べると、大通り沿いにあるのでとてもわかりやすい場所です。

シルミチュー霊場から車で4〜5分ぐらい。

IMG_1570

IMG_1635

少し海に突き出た小さな島のような場所。
近くの広場に車を止めて、歩いていきます。

IMG_1636

IMG_1571

変わった形の岩があちこちに。まさに自然が作った芸術作品です。

島を海沿いに少し回ったところに、お墓がありました。
こちらも写真は撮らずにお参りだけしてきました。

そしてやっぱり、パワーをビンビンに感じることはなく・・・。

ここでも(パワーを感じる感覚ってどんな感じなの〜?!)って、心の中で叫びながらお参りをする、超鈍感な私なのでした。

少し前にここを訪れた友人は「すごいパワーだった!」と言っていたな。。。彼女に聞いてみよう。

ちなみに、こちらも子宝に恵まれるとして有名な場所で、子宝祈願に訪れる人が多いそうです。

アマミチューの墓
沖縄県うるま市勝連比嘉105  地図

 

果報バンタ(カフーバンタ)

浜比嘉島を後にして向かったのは、宮城島にある「ぬちまーすファクトリー」。

「ぬち」とは、沖縄の方言で「命(いのち)」、「まーす」は方言で「塩」です。命の塩という意味ですね。

そうなのです。ぬちまーすファクトリーとは、独自の製法で塩を作り販売している工場です。

塩分が控えめでミネラルは海水のままたっぷり含んでいるという素晴らしい塩ということで、いまや全国的にも有名になったブランドなんですよ!

IMG_1517

この、ぬちまーすファクトリーの敷地内にあるのが、「果報バンタ」というパワースポットなのです。

まず駐車場に車をとめて、パワースポットに向かう前にファクトリーの中へ見学に行くことにしました。

中へ入ると、笑顔の素敵なスタッフさんたちがお出迎えしてくれます。

工場の方へは自由に行っていいのですが、お願いをするとスタッフさんが詳しく説明をしてくれます。

IMG_1641塩の歴史や製法などが展示されています。

 

IMG_1643

笑顔がとっても素敵なこの方、説明もすごく上手で、いかに「ぬちまーす」が素晴らしいお塩なのか、簡潔明瞭に教えてくれました。

即買いだ!!

塩の他に、お菓子やドレッシングなど、ぬちマースを使った商品もたくさん売られていましたよ。お土産におすすめです!

IMG_1646

IMG_1644

IMG_1639

 

いよいよパワースポット「果報バンタ」へ

さて、工場も見学し塩ソフトクリームも堪能した後は、お目当ての場所「果報バンタ」へと向かいます。

IMG_1530

ファクトリーの建物を出て、右前方向にある草むら(?)の中の小さな道を進んでいくと、途中坂道になったり階段があったりして少々きつくなりますが、時間にして1分ほどでその場所に着きます。

 

着いた時に見える景色がこれ↓
564eb20bc66e518729b1105108cdd30b_s

どうですか。いや〜、すごくないですか?
海底の珊瑚礁まで見えるのです。

風も気持ち良く、遠くに沖縄本島が綺麗に見えて、なんとも言えない爽快感。

これが「パワー」というならば、そうとうなパワーをいただきました!

個人的にはここが一番のおすすめかな。

 

ぬちマースファクトリー
〒904-2423 
沖縄県うるま市与那城宮城2768 地図
TEL 098-983-1140

※那覇空港からクルマで1時間30分~2時間弱。「海中道路」を渡る快適なドライブコースです。
※沖縄自動車道をご利用の場合は沖縄北I.Cで降りると便利です。「海中道路」への標識を目印に進みましょう。
※一部のカーナビではを正しく案内できないものもあるようです。付近では看板を目印にするほうが良いと思います。

 

まとめ

車で行く離島、いかがでしたか?

綺麗な海を割るように走る海中道路のドライブは、ただそれだけでもパワーがみなぎる感じで気分爽快です!

ぜひ晴れた日にうるま市の離島巡りを楽しんでくださいませ。

 

あと余談ですが、この海中道路、私が小学生の頃に出来上がったものです。

その時に、父親に「海中道路に行くぞ」と言われて行ったのですが、その時、私が抱いていたイメージは、「海中」なので、海の中、そう、海中(海底)に道が通っているというものでした。

で、いつまでたっても海の中に入っていかないものですから、「いつ海中になるの?」と父に聞いた覚えがあります。

今通っているみちがそうだと言われ、私はすごくすごく「がっかり」しました。

ドラえもんの映画に出てくるような、周りが透明の壁に囲まれた海底の道を、水族館のように魚や鯨をみながらキャーキャー言いながら走っていくのだと思っていたから。。

これって、今でも思うのですが、この道路、海中道路ではなく、「海上道路」ではないでしょうか。皆様、どう思いますか?

私のように誤解される人もいるのではないかと思って心配になります。「がっかりした」と思われないかと・・・。いらぬ心配か。。

 

これから梅雨が明けて夏本番になる沖縄。
熱中症や日焼けに気をつけて、元気に楽しく観光を楽しんでくださいね!

こちらの記事もご参考ください↓

「沖縄の紫外線の強さは?冬でも強いけど地元の人の対策は?」

 - うるま市, おすすめ, お土産, アイスクリーム, パワースポット, 沖縄, 離島