沖縄の居酒屋メニューでおすすめは島らっきょう!美味しくて安くて栄養満点。泡盛との相性も抜群です。

   

IMG_1151


こんにちは。マギーです。

先日、採れたての島らっきょうをいただきました。

我が家ではもちろん、沖縄県民のほとんどが大好きな島らっきょう。食べ方もいろいろですが、栄養価も高く、ぜひ沖縄に来たら食べていただきたい食材なのでご紹介しますね!

島らっきょうとは?

島らっきょうは、沖縄県独自のラッキョウの品種。本土で栽培される一般のラッキョウに比べると、小型で香味が強い。天ぷらや甘酢漬け、塩漬けなどにして食べられるほか、チャンプルーの具材にも使われる。

引用:Wikipedia

 

そうなのです。

一般的なラッキョウよりスリムで小振りですが、香りはとても強く、ピリッとした辛さがなんともクセになる美味しさ!

ビールや泡盛との相性が抜群で、お酒がぐいぐい進んでしまいます。

 

食べ方は?

一般的ならっきょうは、甘酢漬けで食べるのがほとんどですが、島らっきょうはその使い方もいろいろです。

IMG_1151
畑から採ったばかりの島らっきょう。
お店でもこんな感じで売られています。

この状態から薄皮をむくわけですが、うす〜く塩を振ってしばらく置いておくと、皮がスルリと剥けやすくなります。

IMG_1149はい。薄皮をむくとこんな美人さんになります。
この状態から、いろんなお料理に使います。

 

薄く衣をつけて油で揚げるてんぷらは私の一番のお気に入りの食べ方。サッと揚げて島らっきょうの食感を残すのがコツですね。
IMG_0968 (1)

↑これは「寿司ムサシ」の大将が揚げたもの。絶品です〜。

ちなみにてんぷらは「塩」で食べるのが一番おすすめです!

 

 

泡盛のおつまみには生で食べるのが一番!
7595cbf3f7841c2e6ca5622ef68c4dfe_s鰹節をまぶし、ほんの少しのお醤油を垂らしていただきます。これ、病みつきになりますから。

居酒屋さんでも食べられますが、スーパーでも薄く塩漬けにされたものが売っているので、花鰹と一緒にかって、ホテルで部屋飲みする時のおつまみに買って帰るといいと思います。

 

気になる効能は?

美味しいだけではなく、島らっきょうは栄養価が高いと言われ、昔から漢方薬としても用いられていたとか。

その効能を調べてびっくりです。

 

《島らっきょうの効能》
・血液サラサラ効果
・整腸作用
・代謝上昇
・風邪予防
・抗がん作用
・心臓病予防
・高血圧防止
・発汗作用
・利尿作用
・疲労回復
・動脈硬化
・喘息抑制
・花粉などのアレルギー抑制作用
・夏バテ防止
・ボケ防止
・殺菌消毒
・解毒作用
・脂肪の燃焼
・冷え性解消
・便秘解消

と、
ちょっと調べただけで出てくる出てくる!
すごくないですか?

特に便秘解消効果はすごいようで、食物繊維がキャペツの50倍という驚きの数値。

いやぁ〜、島らっきょう。。おそるべしです。

これはもう食べないわけにはいきませんね!

 

 

まとめ

いかがでしょうか。

安くて美味しくて栄養価の高い島らっきょう。
ぜひお試しくださいませ。

※どの食べ物もそうですが、栄養価があるからと言って食べ過ぎはよくありません。その辺はよく注意していただきましょう(島らっきょうは毎日4個程度をたべるのが理想的だと言われています)。

 

数年前まではなかなか本土では手に入らなかった島らっきょうでしたが、いまでは通販でも売られているので簡単に手に入るようになりましたね。

沖縄に来られない方も、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

島らっきょうの他にも、沖縄ならではの独特の野菜(島野菜)がたくさんありますよ!下の記事も参考にしてくださいね。

沖縄の食材でおすすめは島野菜?

 

 - おすすめ, 安い, 島野菜, 食べ物